HOME>トピックス>費用の仕組みを知り事前に行うことを整理しておく

費用の内訳はどうなっているのか

男性作業員

東京に引越しするために業者を選ぶ際、その料金の仕組みについて理解しておいて損はありません。一般的に、引越し料金というのは「運賃」「作業料」「実費」から成り立っています。基礎運賃と基礎作業料に関しては国交省が定めた基準がありますので業者により大差はありません。実費というのは「梱包資材代」や「有料道路料金」などのことです。

業者に依頼する前にしておくことは

男性作業員

東京で引越業者へ依頼する前には、事前に情報を整理しておく必要があります。まず「引越希望日」、これは1日だけではなく3候補ぐらいまで考えておきましょう。次に「家具や家電の大きさや個数」、そして重要なのが現在の住まいと引越し先の「階数およびエレベータの有無と運搬使用可否」です。

曜日や季節によって料金は違ってくる

ダンボール

運賃や作業料金は荷物量や移動距離によって当然変動しますが、目安は移動距離が50km以内を例にとれば単身で4万円程度、4人家族なら10万円程度、距離が500kmを超える場合はそれぞれの1.5~2倍をみておく必要があります。ただこの費用はあくまでも繁忙期以外の目安です。3~4月にはその費用の2割程度割り増しとなることが多いですし、休日は平日に比べてどうしても高くなります。また東京の引越し業者では、より効率よい運行ルートを組み価格サービスに還元しているところも多く、そのため時間指定をせず業者の提案時間を受け入れたほうが費用を抑えられる場合が多いです。

出来れば3社以上から見積もりを

トラックのおもちゃ

東京への引越し業者を選ぶときには、複数のところから見積もりをとりましょう。基本的な料金は大差がなくても、そのときの割引プランや独自の運行ルート努力で、出来る限り安い費用でサービスしてくれるところもあります。梱包のコツなどもアドバイスしてくれるところもありますので、大いに情報を活用してください。

広告募集中